Tab House

若い夫婦と小さな子供の3人家族が東京から、山梨への移住するための住宅。

都会からの移住者にとって地域との関わりはとても重要な要素である。

施主のふるまいを地域に開くことで、周辺の住民や周囲の自然と接するきっかけが増えると考えた。具体的には、大きな縁側や展望台、出窓や物干しなど地域と接する「のりしろ空間」を家のファサードに取り付けた。

すると「のりしろ空間」がバッファーとなり地域と接する機会が増え、普段の生活がよりきっかけに満ちたものになる。

内部空間は立体的なワンルームとし、大きな空間の中で家族全員が室内環境を共有することでエネルギーを効率的に使用する。

寒冷地ということで暖房のシステムには特に配慮し、エアコン1台で床下空間を温め床のスリットから暖気を放出し、少ないエネルギーで家全体を温めるシステムとしている。

すでに住み始めてから地域の人から野菜をもらったり、造園のアドバイスをもらったりと「のりしろ空間」を介した地域との交流が生まれている。

移住という大きなハードルを越えるためにこの家が少しでも寄与できればと考えている。

 

 

 

together space

exterior

entrance

view the living room from the dining room

view the dining from the living room

view the desk space on the 2nd floor

view the Japanese Style room

looking up from the living room

view from the stairs

view from the second floor

view the second living room

look down from the second floor

living room

dining and kitchen

kitchen

Japanese style room

observation platform

evening scene

計画地:山梨県北杜市
竣工:2017年3月
用途:専用住宅
規模:木造2階建て
敷地面積:687.68㎡
建築面積:73.58㎡
延床面積:103.00㎡
設計:稲山貴則 建築設計事務所
施工:巧光建設
構造:大原和之/BSI
撮影:鳥村鋼一
掲載:ArchDaily