山香煎餅本舗 銀座店

埼玉の草加せんべいを販売する、山香煎餅本舗 銀座店の計画。

銀座のすずらん通りに面した路面店で、元はギャラリーとして使用されていた約25㎡の小さな店舗の内装工事。

山香煎餅本舗は素材にこだわったお煎餅をつくっており、ほぼお米のみでつくられるお煎餅にならい、店舗空間も単一素材のみでつくることにした。

 

具体的には30mm×40mm×4000mmの既成ヒノキ角材のみで店舗空間を構成した。

店舗サイズが幅約3.3m、高さ約4mのため一般的に購入できる4mの角材1本をカットするだけで壁や天井を構成できローコストかつ工期を抑えることもできた。

店内の壁・天井だけでなく棚・レジカウンター・ベンチ等の什器に至るまで全て30mm×40mm×4000mmの角材で製作している。

また、奥行きのある天井の中に照明や、エアコン、空気循環のためのファンを内蔵している。

 

大工用語でインニッサンと呼ばれ下地材などに使用する、建築ではとても一般的な素材に様々な加工を施してつくる店舗は、お米を様々な手法で調理するお煎餅のつくり方に通ずるところがあり、店舗のコンセプトと商品コンセプトが一致しストーリーのある店舗をつくることができた。

壁の格子の間に棚を増設することも可能で今後の商品構成の変化にも対応出来るように計画している。

小さな店舗だが、小さな素材の集合でつくることでより発見的で密度のある空間をつくることを試みた。

evening scene

store interior view

see the street from the shop

store interior view

product display shelf

product display shelf and bench

break corner

see the street from the shop

ceiling and wall details

ceiling detail

wall and shelf detail

store interior view

exterior

計画地:東京都中央区銀座
竣工:2017年1月
用途:物販店舗
規模:SRC造6階建て(1階部分の内装)
延床面積:25.01㎡
設計:稲山貴則 建築設計事務所
施工:山崎工務店
構造:ASD
撮影:鳥村鋼一