倉のある家

敷地は山梨県甲府市で計画中の「倉のある家」のご紹介です。

 

151010_古屋邸_プレゼン本

東西に長い敷地の南側に「倉」と呼ぶ、車庫(倉庫)・寝室・クローゼットが一体となった建物を配置することで「倉」が塀のような役割を持ち、庭やLDKのプライバシーを守る役割があります。

隣家の落とす影なども検討し、プライバシーだけでなく日照のことも検討しています。

日中、明るさがそれほど必要のない部屋を「倉」に配置し、敷地内の明るい部分にリビングなど日中長い時間過ごす部屋を配置しました。

ガーデニングが好きなクライアントのための、広い敷地を活用した庭と一体的な住居です。

 

dsc04329

現在、工事に向けて実施設計を進めております。

竣工は2018年2月の予定です。