ハンドルーム

隅田川沿いに建つマンション1室のリノベーション。

部屋の間仕切りを取払うと現れる約50㎡の空間を敷地と見立て、それぞれ素材の異なる小さな建築(収納)9個を配置した。

大きな空間に小さな建築が配置されることにより、小さな建築と建築の間にはひだ状の居場所、上下には立体的な居場所が生まれ、更にそれぞれの居場所に収納も効果的に配置される。

小さな建築の配置によってできる新しいリノベーションのあり方を探る提案。

 

小さな建築はそれぞれ素材が異なり、クライアントと一緒に素材を選定した。

建築のサイズが小さくなる事で、出来上がりを想像しやすくなりクライアントも積極的に設計に参加することができた。

 

view of the river

view from the entrance

view from the living space

room panoramic view

view from the top of the closet

view from the top of the children's room

view from the top of the children's room

loft of the closet and loft of children's room

entrance of the children's room

loft above the closet

desk space in the back

see from the entrance

evening scene

evening scene

計画地:東京都中央区
竣工:2014年4月
用途:住宅
規模:RC8階建て(6階部分のリノベーション)
延床面積:71.68㎡
設計:西田司+稲山貴則/オンデザイン
施工:伸栄
撮影:鳥村鋼一
掲載誌:LiVES Vol.77、Free & Easy 2015年4月号、コンフォルト 2015年6月号 144号
web:designboomジャパン アーキテクツ